□ 明治後期のカップボード

依頼主のお祖母さんが使っていた明治後期のカップボード。外見からはそれほど傷んでいるようには見えません。でも内部は湿気と乾燥で反ったりひび割れている所があったりとかなり悪い状況で、時の流れを感じさせます。

全くの新品にはなりませんが今後の使用に充分耐えるように現物を見ながら方法を考えていきます。

(写真はAfterの物です。)

 

湿気と乾燥を繰り返したため、大きく曲がったり反ったりしてしまったパーツを外して修理します。
反りなどはこのままプレスしても直りません。真っ直ぐになるよう溝を付けたり、クサビを入れたりしてからプレスします。
板が割れている箇所もありました。
パーツを一つ一つばらして修復していきます。
 
 
 

facebook watlle